Skip to content

転職活動で採用を得るために能力をアピールするコツ

やる気や熱意などで終始アピールをしない

 転職活動での面接などで、採用の要素となるやる気などの精神的な部分は必要です。しかし、ビジネスマンとしての能力を証明できないまま熱意だけをアピールしても、会社に対して有益かどうかが疑問視されるために熱意だけでは採用は難しいです。
特に一流企業や人気の職種に関しては、基本的に人事担当の人がキャリアやスキルを重視する傾向です。従って、秀でた人間性や高度なビジネスの能力を持っていないと採用は厳しいです。少なくとも業界に必要な最低限のスキルやビジネスマナーなどをアピールしながら、仕事に対する熱意を伝えます。

採用に必要となるビジネスマンの知識や経験とは

 応募者に対して最低限必要とするビジネスマンの知識として、マーケティング関連の仕事を希望する場合は統計などの専門的な知識です。応募する企業に関連した業種によって、業種に必要な知識を得ている事が応募の必要な条件である事を考えます。転職活動をしている段階で、既に知識を得る勉強を開始している事が成功の条件です。業務の内容に触れている前職までの経験が必要で、経験がない場合で志望したい場合にはOBなどから業界などの情報収集を行います。

応用できる知識や経験をアピールする

 応募先の業界に関連したクライアントの業界の知識を得たり、販売の企画の提案などの能力があれば積極的にアピールします。応募者は仕事の経験が豊富なライバルである事を意識して、どんな知識や経験が採用担当者で気に入られるかを分析しておきます。