Skip to content

20代での転職の特徴

 転職数の中でもっとも大きな割合を占めているのが20代です。この年代での転職は大きく二つのタイプに分かれます。ひとつは新卒で入社したものの、業界や会社の空気が合わないと感じて別の会社で再スタートを切りたいと考えている20代前半。もうひとつはより良い待遇やキャリアアップを目指して主に同業種内での転職を目指す20代後半の転職者です。

 20代前半での転職の場合は、第二新卒と年代層が重なることもあって採用はまだポテンシャル重視です。一度は社会に出たとは言っても数年では積み重ねられるキャリアにも限りがありますから、あまり前職での経験は重視されません。本人の熱意や仕事へ姿勢だけでも大きくアピールすることのできる年代だといえます。

【おすすめページ】
45歳が選ぶ転職情報ガイド
アピールポイントを知れば45歳の転職は短期間で成功出来る!

 20代後半の転職となると、それなりに経験も要求される傾向が強まってきます。20代後半では管理職を経験した人はまれでしょうから、まだマネジメント能力までは問われません。ただし、一人で与えられた仕事を完遂できるだけの処理能力は当然に求められます。そのうえで企業の将来を担うマネジメント能力も含めたポテンシャルが主にみられるでしょう。

 20代の転職で多いのは、若いうちから活躍が可能なデザイナーや広告業、そして体力と頭脳の双方が求められるITエンジニアなどです。他の業種に比べてこれらの業界では人材の移動が非常に活発です。経験や実績よりも才能やセンスを問われることも多いですが、20代の転職は自分の方向性を1から決められる最後のチャンスでもありますから、現在の仕事に疑問を感じている方は積極的に動いてもいいかもしれません。