Skip to content

転職活動前に今の会社を辞めるべきか

辞めるメリット

 今の会社を辞めてから転職活動を開始する場合はスケジュールを柔軟に組めるのが最大のメリットになります。どんな日のどんな時間帯に面接や説明会を組まれても必ず出席できますし、転職活動だけに集中できますから万全の準備をした上で面接に臨むことができます。必要ならばスキルを磨いたり資格をとったりして、自分を鍛えた上で転職活動を開始することもできます。 Continue reading

転職活動で採用を得るために能力をアピールするコツ

やる気や熱意などで終始アピールをしない

 転職活動での面接などで、採用の要素となるやる気などの精神的な部分は必要です。しかし、ビジネスマンとしての能力を証明できないまま熱意だけをアピールしても、会社に対して有益かどうかが疑問視されるために熱意だけでは採用は難しいです。
特に一流企業や人気の職種に関しては、基本的に人事担当の人がキャリアやスキルを重視する傾向です。従って、秀でた人間性や高度なビジネスの能力を持っていないと採用は厳しいです。少なくとも業界に必要な最低限のスキルやビジネスマナーなどをアピールしながら、仕事に対する熱意を伝えます。 Continue reading

20代での転職の特徴

 転職数の中でもっとも大きな割合を占めているのが20代です。この年代での転職は大きく二つのタイプに分かれます。ひとつは新卒で入社したものの、業界や会社の空気が合わないと感じて別の会社で再スタートを切りたいと考えている20代前半。もうひとつはより良い待遇やキャリアアップを目指して主に同業種内での転職を目指す20代後半の転職者です。 Continue reading

転職の色々な方法

 転職で一番難しいのが時期や方法などといった次への新たなるステップだといえるでしょう。転職するのでも、期間が開きすぎてしまえば自分のテンションも下がってしまうことにもなりますし、次に働きたい会社も不思議だと思うことも少なくありません。退職して次の会社に移るのに、資格をとる期間だとか、休養をとるのもよいですが、出来ればきちんとした期間を自分の中で決めておいたほうがより良いといえます。 Continue reading

af9920045282w

がんによる離職や転職も非正規雇用で深刻な状況

 NPO法人のHOPEプロジェクトが行った調査によれば、日本人の3大死亡原因のひとつである< がん>になった場合の離職率や転職率は、正規雇用よりも非正規雇用の方が高い結果になったとのことです。サンプル数が300人と少ないので確定的な話はできませんが、ひとつの傾向として考慮する必要はありそうです。

・離職リスクが2倍に
 多くのがんは初期であれば比較的治癒率も高く、退職や転職までしなくてもよさそうなものです。実際、正規雇用であれば各種休暇制度を利用したり、休職したりで復帰することは難しくありません。この調査でも、診断後も53%が仕事が変わらなかったと回答しています。
  Continue reading

91_067

危機をチャンスにする40代での転職

 最近多くの人から、本田宗一郎氏や松下幸之助氏のような人物の待望論をよく耳にします。本田宗一郎氏が浜松の町工場からスタートし本田技研工業を創業したのは1948年のことで、戦後からわずか3年後で本田宗一郎氏が41歳のときです。

・絶体絶命の中での無謀な賭け

 今でこそ世界的な大企業のホンダですが本田宗一郎氏が47歳のときのホンダは、主力商品の失敗が相次ぎ倒産寸前という危機にありました。

 そんな倒産寸前の苦境のなかでホンダは社内報で、100年の歴史を誇る世界最大のロードレース「マン島TTレース」への参戦を宣言したのです。日本の淡路島とほぼ同じ大きさのマン島はイギリスの北西部に浮かぶ島で、毎年5月から6月にわたって約2週間開催されます。当時この「マン島TTレース」に参戦していた国産の企業はなく、現在のF1レースと同様に莫大なお金がかかることでした。
Continue reading